キャンセルの可能性がある場合も予約しておけばいい

- キャンセルの可能性がある場合も予約しておけばいい

キャンセルの可能性がある場合も予約しておけばいい

どこかしらに出かける際に飛行機を利用すればかなり短い時間で目的地に到着することができるので、利用している人も多いのですがキャンセルする可能性がある時はなかなか難しいですよね。
乗り物ならば何でもそうかもしれませんが、予約してからキャンセルしたのならば全額返金されることは稀ですし、状況によっては飛行機を予約するのも難しいことになるかもしれません。

一応押さえておくことができる

キャンセルすることになるかもしれないけど、一応予約しておくか…。というようなことができる人はかなりのお金持ちだと思われるかもしれませんが、株主優待券を持っていれば誰にでもできます。
ANAの場合だと直前でのキャンセルだとしても完全無料になっているので、また後日の便に振替える。というような方法を選択することも簡単になっているので迷っているならとりあえず予約が可能になるでしょう。
ただ、明らかに乗れない可能性の方が高いのならば、確実に大丈夫な日を指定した方が手間も掛からなくて済みますし、状況に応じては無理して予約しないようにするのも重要になるはずです。

こういう時には

そもそも飛行機に乗る時って確実に乗れそうな時くらいでは?ということを思われるかもしれませんが、世の中には不測の事態というものも存在していますし、万一に備えるのも大事です。
直前になって体調が急激に悪くなるということも考えられますし、そのような時に株主優待券を持っていなければ容赦なくキャンセル料が取られてしまうので、持っているだけで不要な出費を抑えられます。
ただ使わないのはもったいないので優待券はどんどん使いましょう

予約時にはあればいい

もしも、大手航空会社を利用して旅行をしようと思っているのならば、株主優待券を利用するだけでかなりお得に旅を進めていくことができるのでおすすめですよ。早めに購入しておきましょう。
ただ、皆が欲しがる時期になってくると入手するのにも一苦労。なんていうことになるかもしれないので、有効期限がたっぷり残っているものを年始あたりに金券ショップ等で購入するのがいいかもしれません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »