ジェットスターの格安航空券を利用するときの注意点

- ジェットスターの格安航空券を利用するときの注意点

ジェットスターの格安航空券を利用するときの注意点

1万円台で国内に行けることから、安さが売りのジェットスターです。評判が高いLCCになりますが、格安航空券として利用するときに注意してほしいことがあります。格安航空会社全般に言えることですが、ジェットスターならではの注意点があることを知っておきましょう。

手数料が高い

中身のさびしい財布
格安航空券を提供するLCCは確かにフルサービスキャリアと比較しても安いのが大きな魅力なっていますが、手数料が掛かることからそこで調整しているように感じることも多いです。ジェットスターも例外ではなく、手数料が高い格安航空会社になっています。手数料がかさむことで、運賃は見せかけの料金になることもあります。

またジェットスターは頻繁に手数料体系が変更しています。しかもこっそりと行うことが多く、いつの間にか上がっていることもありますので、利用する際にはしっかり確認をしておいた方が良いでしょう。手数料だけで格安航空券の魅力が薄れてしまうことは避けてください。

荷物に関する制限が多い

預け荷物は重量制限のみで個数制限がないことから、国内旅行であれば十分といえる対応をしています。ただし持ち込み荷物になると厳しい航空会社でもあります。キャリーとハンドバッグを持ち込むことができますが、エコノミーとビジネスによって厳しく制限がされていますので、こちらも確認をしておきましょう。

また預け荷物は厳しく対処されることが多いです。少しでもオーバーすると超過料を取られ、しかもこれが高い。予約時に事前支払いをしておいた方が安心できますので、オプションとして運賃につけておくことをおすすめします。そうすると10キロまで無料で預けることが可能です。当日に預けることだけは避けてください。また超過が不安であれば、オプションも付けておくと安心できます。

安さには秘密がある

国内のLCCのなかでも大手に値するのがジェットスターであり、特に価格に対しては評判が高いです。しかしその安さには秘密があることを知っておきましょう。最低価格保証制度を導入しており、どこの航空会社よりも安く乗れるようになっていますが、ここにも秘密があります。

前後1時間の便でしかも同区間が条件になっていることから、あまり対象がないことからあてになりません。また最低価格は成田を午前6時に出発する便が圧倒的に多く、朝早いことから使いづらい一面を持っています。どちらにしても安いことには変わりありませんので、最低価格に振り回されないで自分に合った便を見つけて予約をしてください。

Similar Posts:

    None Found