予約が難しい期間でも安心して座席確保できる

- 予約が難しい期間でも安心して座席確保できる

予約が難しい期間でも安心して座席確保できる

日本で飛行機の座席が確保しづらい期間というのは皆が里帰りをする年末年始、学生が夏休みに入る8月、5月の大型連休あたりになりまして、該当期間に旅行をするのならば相当前から予約しなければいけません。
特にLCCはあっという間に埋まってしまうので、おすすめなのが大手航空会社を利用することになるのですが、株主優待券を利用するとどこに行くにしてもかなり楽に座席を確保することができますよ。

まずは調べてみよう

航空券検索サイトを利用して繁忙期の座席を調べてみると春先だとしても夏の便の座席は残り少なくなってしまっているはずです。しかし、その中でも株主優待価格というものがあるのを見逃さないようにしましょう。
通常運賃の半額程度での搭乗が可能になっているのでかなり経済的だということもできますし、何よりも確保されている席数が多めなので早割や一般席が埋まっていたとしても購入することができます。
ただ、ANAの場合は最近盆暮れ正月や大型連休中は優待席が少なくなっているので、あまり余裕を持ってしまっていると乗りたかった座席をキープできないままに受付が終了してしまう可能性もありますよ。

ANAホームページ・携帯サイトでは、ご予約と同時にシートマップから座席を選んでご指定いただくことができます。
ただし、ご搭乗日を含め3日前以降は、航空券ご購入後に指定を承ります。

引用元:座席指定について[国内線]|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

デメリットがない

早割利用の場合は基本的にキャンセル不可、振替不可というデメリットを理解した上で購入しなければいけませんが、株主優待券を所持しているのならば直前になってのキャンセルも可能になっています。
当日になるまで行けるかどうか分からない…。なんていう人だとしてもお金を支払うことなくキャンセルできるというのはかなり助かりますし、別便への振替もスムーズに行うことができるのがいいですよ。

お得になるように

時期によっては株主優待券での割引よりも早割の方が安くなるということもありますが、よく考えて欲しいのが早割だと変更等はできないけれども、優待券ならばできるということになります。
ただ値段が安くなるだけという風に考えてしまっていると損をしてしまうことも充分に考えられてしまいますし、メリットに関しては全てをしっかりと把握した上で利用するようにするのがいいでしょう。

Similar Posts:

    None Found